船舶免許で実施される身体検査

船舶免許を取得するためには、学科と実技、さらに身体検査に合格しなければいけません。このうち身体検査基準は視力と聴力、色覚、疾病と身体機能の障害などが該当します。国土交通省に登録された教習所で教習を受け、さらに修了審査をクリアした場合は国家試験に準じることとなり、身体検査については身体検査証明書の提出のみとなることがあります。船舶免許のために行われる身体検査のうち、視覚については両目ともに0.5以上が基準です。

ただし矯正可能となっており、眼鏡などで補うこともできるでしょう。一眼あたりの視力が0.5以下になってしまった場合には、もう片方の目の視力が0.5以上であれば合格となります。この場合、左右の視野が150度以上あることも必要です。聴覚の基準は5メートル以上の距離で普通の声の大きさの声が聞こえることです。

話の内容を聞き取ることができればクリア可能でしょう。色覚は夜間の船舶の灯火色の識別が条件となっているものの、状態によっては時間帯などの条件を絞って合格になることもあります。疾病および身体機能の障害について該当する場合には、軽症であることが基本的な合格の条件となるでしょう。軽症であり船の操縦に支障をきたさないことが基準です。

なお、船舶免許の試験をステップアップなどで再受験する場合、以前に身体検査をクリアしていれば、合格日から1年以内の再受験申請で身体検査の免除を受けることができるようになっています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*