1級や2級の船舶免許の特徴や魅力

海が好きな人の場合には、見渡す限り海と空しかない環境に身を置いてみたいと思うこともあるかも知れません。そのような場合には1級の船舶免許の取得を目指してみるのがお勧めです。これは、1級小型船舶操縦士免許というもので、ボート免許1級とも呼ばれることのある資格です。ボートの操縦をするための免許の中の1つで、他のタイプの免許よりも航行できる範囲が広く基本的に制限がありません。

憧れの世界の海へ自分で船を操縦していける可能性もある免許です。大型の魚やクジラ・イルカなどがいる大海原を旅したい、という場合には、この船舶免許を取得するのが良いでしょう。自分の船で日本一周をしてみたいという人もいるかも知れませんが、その場合にも1級取得するのが良いです。沿岸から100海里を超えなければ、機関士が同乗していなくても構わないとされています。

外洋は航行するつもりはないという場合には1級ではなく、2級の船舶免許を取得するのが良いかも知れません。こちらは平水区域や陸岸から5海里までのところを航行できる免許です。1級よりも範囲は狭まりますが、1級よりも取得しやすいですし9.26キロメートルまでは行くことができるので陸から近いところで釣りをしたりクルージングをしたりしたいのならばこちらを取得するメリットがあります。このような船舶免許は、16歳から取得することができます。

総トン数20トン未満のボートを操縦できますが、水上バイクは含んでいません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*