船舶免許の国家試験が免除になるコース

浅薄免許は国家資格で、国家試験を受験して合格することで得られる免許です。自動車の教習所と同じように小型船舶の操縦技術を覚えることができる学校があるので、独学で覚えて試験を受験するなどはありません。もちろん、独学で国家試験を受けることもできるのですが学科は勉強すれば何とかなるけれど小型船舶の運転となると中々できるものではないので船舶免許を取得する人の大半が講習を利用します。講習を行っている学校には、自動車学校で免許を取得するときと同じような国家試験免除コースと国家試験を受験する受験コースなどの2つがあります。

学校により選択ができるところもあるのですが、多くの場合がいずれかの選択になるので船舶免許を取得したいけれども国家試験は免除して欲しいなどの場合は国家試験免除コースを用意している学校を選ぶと良いでしょう。国家試験免除は、国土交通省から認定された教習所に限定されていることからも、近くにある先般免許の学校が対象になっているとは限りません。学科および実技の国家試験が免除されるので、受講する側は法令で定められているカリキュラムを修了することと修了審査に合格して船舶免許を取得できる仕組みになります。修了審査は国家試験に代わるものですが、学科および実技の講習を受けた後にその場で審査を受ける形になるため、移動の手間がないですし短期間で確実に船舶免許の取得が実現するなど、免除になるコースを探してみると良いでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*