船舶免許取得の最短ルート

船舶免許は、船舶を操船する為の国家資格ということもあって、取得にはかなりの日数を要するイメージがあります。確かに等級が上がるほど免許取得までの道のりは遠くなりますが、実は1級でも4日ほどあれば取得が可能です。2級なら半分の2日で取得できることもありますから、案外船舶免許のハードルは低いといえます。水上オートバイの免許なら2日もあれば十分なので、本当に船舶免許はイメージと実際の難易度にギャップがあることが分かります。

とはいえ学科には最低でも12時間を要しますし、実技も4時間は取り組む必要があるので、集中力と根気が求められるのは確かです。船舶免許は一発合格できれば早いですが、惜しくも合格できずに再挑戦となると、躓いた場所のチェックと復習が必要になります。大抵の人は2回目で合格できますし、3回4回と受験回数が増えるほどに再挑戦をする人は減っていきます。ただ稀に何度繰り返しても合格に至らず、自信を失って最終的に合格を断念してしまう人もいます。

躓きやすいところをチェックしてから再挑戦しても、合格できなければ自信を失うのは当然ですし、何が問題なのか分からず混乱してしまうはずです。これは割りと誰にでもありえるスランプですから、可能な限り少ない回数で合格できるように、万全の体制で試験に臨むのが望ましいです。船舶免許は独学で勉強をする方法もありますが、最短で確実に合格したいのであれば、環境が整っているスクールでの受講をおすすめします。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*