水上ボートで海からアプローチ!船舶免許

船舶免許は、レジャーの幅を大きく広げてくれます。海岸での海遊びだけでなく、認められた海里まで航行できるため、海に出る楽しみを味わえることでしょう。日本では年間5万人以上の方が新しく船舶免許を取得しており、海のレジャーを中心に利用されています。そんな免許取得をサポートしてくれるのが、国道交通勝に登録されている小型船舶教習所になります。

ボートメーカーを中心に運営されており、数多くの方の姿をみかけます。基本的な流れとしては取得した免許の種類を決める、取得方法を決める、講習・試験日程を極めて申し込む、学科実技講中を受ける、国家試験あるいは修了試験を受けるです。合格後に免許証を交付されるため、晴れて船を操船できます。最初に考えておくべきなのが、どんな週類の免許を取るかになります。

最近人気を集めている水上スキーやジェットスキー飲みに対応しているのが、特殊小型船舶免許です。特殊小型免許を持つものだけが、水上スキーとジェットスキーを修了めだけの免許となっており、これを持たない方は利用できません。認められている航行区域や陸岸から2海里(約3.7km)までとなっており、その中であれば利用できます。特殊小型免許を取得は、15才9ヶ月から受講可能、免許発行は満16歳なっています。

取得までには6時間の学科講習、1.5時間の実技講習となり、この他にも視力や色覚などの身体基準の検査が必要です。国道交通省登録教習所であれば、学科・実技の講習後の修了審査に合格すれば、国家試験を免除して免許を取得できます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*