1級と2級の小型船舶免許の違い

小型船舶免許を取得しようと考えている人の中には、1級・2級のどちらを取得したらいいのかわからない人も少なくありません。違いを理解しておくことで取得するときに迷わずに済みます。1級・2級に共通しているのは操縦できる船の大きさです。20トン未満であること、長さは24m未満であることが条件とされています。

また、乗る時には漁船や旅客船などの営業目的ではないことも条件の一つです。個人でスポーツなどをするために釣りをする時や、海をのんびり家族でクルージングするなどの目的で使用することはできます。違いは免許を取得するときの過程や航行可能区域です。1級小型船舶免許の場合、世界中の一部例外を除いたすべての海域を航行できます。

2級は沿岸から5海里以内となっているため、非常に違いが明確です。1級小型船舶免許を持っていれば、世界中をヨットで航行できます。しかし、2級の場合は日本の沿岸のみです。なお、日本では小型船舶免許は通用しますが、海外ではそもそも小型船舶の免許という物がないという国も少なくありません。

また、沿海区域から80海里・海岸より100海里以上超えた場合は6級以上の機関海技士の資格を持つ人が同乗しなければ乗ってはいけないことになっています。小型船舶の免許を持っている人が海技士の資格を持っていても、別の資格保有者が同乗していなければいけない決まりとなっているため、海外へヨットで行こうと考え中の人は注意してください。小型船舶免許のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*