ジェットスキー免許の教習所とは

ジェットスキー免許を取るための講習はボートの教習所で行われています。講習を受けた後に国家試験を受験し、合格をすれば免許が手に入るのが特徴です。この試験の合格率は90パーセント以上といわれているので、取りやすい免許といえるでしょう。またジェットスキー免許の教習所では、国家試験を受験しなくても資格の取得ができる教習コースが用意されていることもあります。

こちらは車の免許のように教習所の修了試験を受けて、基準を満たせば免許を取ることが可能となっています。試験に合格する自信がないという場合にはこちらのコースがある教習所を利用すると良いかも知れません。ジェットスキー免許の教習所では、1日で講習と試験が受けられるコースがあるところもあります。出来るだけ短期間で免許を取ってジェットスキーに乗れるようになりたいという場合にはこういった教習コースを選ぶと、希望に合う可能性があります。

教習所では学科と実技の講習をしていて、学科では運転をする際の遵守事項や心得などのほか、海や河川での交通ルールや操船方法などの知識を学ぶ内容が含まれているのが特徴です。それから実技では実際に操縦をしたりロープワークを学んだりします。さらには人命救助などの内容も含まれています。ジェットスキー免許を取得するには16歳以上である必要がありますが、教習所ではもっと早くから受講は可能です。

また視力や色覚、聴力などに関しての規定があるためクリアしている必要があります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*