知っておきたいジェットスキー免許について

ジェットスキー免許のよくある疑問としては、一体何歳から取れるのかというものが挙げられるでしょう。ジェットスキーの免許は基本的に16歳以上の人が取得することが可能です。しかし教習所ではそれよりも早く勉強をすることができるようになっていますので、免許を取れるようになったらすぐに取りたいという人にも便利です。そのようなジェットスキー免許は正式には、特殊小型船舶操縦士免許という名称となっています。

小型船舶操縦士免許にはこの特殊と名が付くもののほかに1級と2級がありますが、ジェットスキーの操縦をするためには特殊小型船舶の操縦士免許が必要となるため注意が必要です。自動車免許ほど知られていないジェットスキー免許はそれほど一般の認知度が高いわけではないため、そもそもジェットスキーを楽しむのに免許がいるということも知らない人もいるかも知れません。ジェットスキー免許を取るためには、教習所を利用すると便利です。学科や実技を学ぶことができ効率よく免許の取得を目指すことができるでしょう。

通うボートの教習所を選ぶときには、自分に合ったボートスクールを選ぶのがおすすめです。ジェットスキー免許に対応している教習所は全国にありますので、利用しやすい立地のところを選ぶと負担が少なくて済みます。それぞれの教習所によって1日で終わるものや2日で終えるものなどいろいろなコースがありますので、自分に向くものを選ぶようにします。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*