合宿免許のなかでの試験とは

合宿免許のパッケージに申し込みをしたとしても、実は通常の自宅からの通学による免許の取得と同様に、いくつかの試験に合格することによって、はじめて上のレベルにまで到達できるという関門が設けられています。試験とまではいきませんが、まずは合宿免許でも入校したときには適性検査が行われ、そのあとで技能教習、学科教習をそれぞれ所定の時間数だけ履修した上で、第1段階と呼ばれる課程が終わります。この第1段階の終わりには、ドライビングの技術が一定のレベルに到達しているかどうかを、試験官が教習車に同乗して判定する、修了検定が行われることになっています。さらに、学科の部分についても、仮免許学科試験によって、一定レベル以上であるかどうかが測定されますので、これらの試験にともに合格した場合に限って、仮運転免許証を取得して、公道での教習ができるようになります。

その後も第2段階と呼ばれる課程で学科教習、技能教習がそれぞれ行われますので、すべて終えた場合には、いよいよ合宿免許の最終関門である、卒業検定に移ります。この卒業検定では、実際に公道上を走行して、ドライビング技術が確かめられますので、合宿免許中の試験のなかでも、もっとも気の抜けないものであるということができるでしょう。しかし、この卒業検定をクリアすることができれば、晴れて合宿免許の卒業となりますので、以後は早めに都道府県の運転免許センターに行って、学科試験の本試験を受ければ、正式な運転免許証を取得することができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*